アクセス

ペットホテル

ケージフリーで
楽しく遊んで過ごせます!

詳しくはこちら

老犬介護

デイケア・ショートステイ
訪問ケアから

詳しくはこちら

老犬介護 Q&A

Q&A

Q1. 老犬を介護する資格があるのですか?
Q2. 老犬の介護とペットシッターとの違いは何ですか?
Q3. 治療もしてもらえるのですか?
Q4. カウンセリングはいらないので、すぐに来てもらえませんか?
Q5. 後から追加料金を請求されたりしませんか?
Q6. 訪問介護の場合、カギを預けるのが心配です。カギの受け渡し手順は?
Q7. 代金の支払い方法を教えてください。
Q8. お世話中に体調が悪くなったらどうなるんでしょうか?
Q9. 足腰の不自由な犬の散歩もできますか?
Q10. シャンプーもお願いできますか?
Q11. 高齢になり肥満気味です。食事の指導はしていただけますか?
Q12. 食餌をあまり食べません。それでも介護をしてもらえますか?
Q13. 病院へ行かなくてはならないのですが、通院代行はお願いできますか?
Q14. よそのわんちゃんの病気やノミ、ダニをもらってしまわないか心配です。
Q15. 体重60kgのグレート・ピレニーズですが介護してもらえますか?

Q1.  老犬を介護する資格があるのですか?

動物関連の資格において国家資格は「獣医師」のみです。それ以外の資格は、全て民間団体がそれぞれ独自の基準に基づき発行している資格です。当店のケアスタッフは、ペットケアにおいて最高レベルのスキルを保有する下記団体の資格を保有しておりますので、安心してお任せいただけます。
【JAPANペットケアマネージャー協会】
  • ナチュラルペットケアリスト
  • ニアドッグケアアドバイザー
  • ドッグリハビリ支援トレーナー
【株式会社日本ペットショップ協会】
  • JAPeT老犬介護士
【JAHA公益社団法人 日本動物病院福祉協会】
  • 動物看護士(VT)
【日本小動物飼養衛生管理士協会】
  • 小動物飼養衛生管理士

Q2.  老犬の介護とペットシッターとの違いは何ですか?

ペットシッターとは健康なわんちゃんのためのお世話サービスとして広がっていったお仕事です。オーナー様が旅行や急な用事などで家を留守にする際、留守番のわんちゃんや猫ちゃんの食事や散歩を代行します。しかし、足腰が不自由になったり、様々な介助が必要になったわんちゃんのお世話についてのスキルを持ったシッターは全国でもごくわずかです。当店では、介助が必要になったわんちゃんについて厳しい実践研修を行い、専門知識を勉強し開業している老犬ケアの専門家です。また、訪問介護に加え、地域にはめずらしい高齢犬を対象とした、デイケア、ショートステイも対応しております。

Q3.  治療もしてもらえるのですか?

Q1.でもご説明いたしましたが、動物関連の資格において国家資格は「獣医師」のみです。動物の治療も「獣医師」しかできません。当店のケアサービスは、治療を目的とした医療行為ではございません。わんちゃんが自力での生活が困難になった時に、そのわんちゃんが生きていくための手助けをオーナー様と一緒に、またはオーナー様に代わってお世話させていただきます。

Q4.  カウンセリングはいらないので、すぐに来てもらえませんか?

わんちゃんの状態を把握し、安全面などに細心の注意を払ったうえでなければ、きちんとしたお世話はできません。カウンセリング不要でいきなり訪問することはお断りいたしております。また、老犬介護とは高齢のわんちゃんに少しでも快適な暮らしをさせてあげるお手伝いをすることが大きな目的のひとつですから、私たちがお世話をしない普段の日にも、オーナー様自らが正しいお世話を出来るようにアドバイスすることもトータルサポートとしてとても重要なことと考えております。従ってカウンセリングなくしてはケアサポートできませんことをご理解ください。老犬介護ご利用の流れ

Q5.  後から追加料金を請求されたりしませんか?

初回のカウンセリング時に、介護度や介護内容を明確にし料金をご提示いたしますので、サービス終了後に追加料金を請求することは一切ございません。但し、定期ケアカンファレンスを実施した際、介護度の変更や追加のサービスが必要と認められた場合は、内容を詳しくご説明し、ご納得いただけた場合は、次回ご利用いただく際に、新しい料金でご案内させていただいております。老犬介護料金のご案内

Q6.  訪問介護の場合、カギを預けるのが心配です。カギの受け渡し手順は?

オーナー様もカギを預けることは抵抗のあることと思います。当店は、ペット事業において全国展開しているJAPeT(正式名称:株式会社日本ペットショップ協会)の群馬県代理店としての営業もしております。JAPeT老犬介護士」は、老犬介護のスキルのみならず 『オーナー様の満足と信頼に応える』 ことが当店の社是でもございます。ご心配でしたら、直接JAPeT宛に、店舗確認、本人確認をして下さって結構でございます。尚、カギの受け渡しですが、初回カウンセリング時に受け渡し方法をご相談させていただきますが、事前にお預かりしても構わない合鍵がある場合は、初回カウンセリング時にお預かりします。また、訪問日直前にカギをお預けいただいても結構でございます。また、カギをお預かりした際は、「預り証」を発行いたします。カギの返却は、お世話終了後、簡易書留でご郵送または、ご自宅までお届けにあがります。返却時にかかる郵送費用または、訪問にかかる費用はお客様のご負担となりますことをご了承ください。

Q7.  代金の支払い方法を教えてください。

代金は原則前払いでお願いをしております。初回カウンセリング時に現金でお支払いただくか、お預かりまたは、訪問予定日前日までにお振込みいただけますようお願い申し上げます。

Q8.  お世話中に体調が悪くなったらどうなるんでしょうか?

初回カウンセリング時に健康状態、病気の有無、服用中のお薬と、かかりつけの動物病院様についてヒアリングいたします。万が一急に体調が悪くなった場合は、お客様に電話連絡を入れた上で、かかりつけの病院様に連れて行きます。緊急の場合や、かかりつけの病院様が休みだった場合などは、当店契約の動物病院に連れて行くなどの対応をいたします。なお、当店の重大な過失以外は原則、病院での診察、治療代金は全額お客様のご負担となりますのでご了承ください。

Q9.  足腰の不自由な犬の散歩もできますか?

適度な運動は高齢犬にとってとても大切です。可愛そうだからと言って、わんちゃんをずっと家の中にいさせると、ますます体力は衰えてきます。介助グッズなどを使い、わんちゃんに負担をかけない程度に様子を見ながらお散歩をさせます。歩けないわんちゃんは、お散歩カートで公園などへ散策に出掛けます。足腰のほか心臓なども弱っているわんちゃんの場合は、相当な負担になりますから、その場合は日光浴程度とお考えください。

Q10.  シャンプーもお願いできますか?

別途料金となりますがお引受けできます。但し、高齢犬の場合、体温調整機能も衰えてくるため、リスクが伴います。かかりつけ病院様の所見をお聞きし、わんちゃんの状態を見てお受けできるか判断します。また、場合によっては、安全上シャンプーのお引受けはできないこともございますので、ご了承ください。

Q11.  高齢になり肥満気味です。食事の指導はしていただけますか?

人間と同じくシニア犬の場合も、過度のカロリー摂取は生活習慣病につながります。ライフステージに合わせてバランスを変えたフードをアドバイスをさせていただきます。

Q12.  食餌をあまり食べません。それでも介護をしてもらえますか?

まずはかかりつけ動物病院様でご相談されてください。病気からくるものでなければ、嗜好性の高い食事などを考えることも一つの方法でしょう。また、高齢わんちゃんは水分補給もうまく出来ない場合もあります。手作り食などは水分補給も同時にできるのでお勧めです。手作り食は面倒とお考えのオーナー様もいらっしゃいますが、意外と簡単です。お気軽にご相談ください。

Q13.  病院へ行かなくてはならないのですが、通院代行はお願いできますか?

訪問ケアの場合、お世話時間内(60分)に往復できるケースでは追加料金は発生いたしません。時間がオーバーする、またはお世話と通院代行をセットでご依頼される場合は、追加料金となります。また、デイケア、ショートステイでのお預かり時での通院代行は、ご依頼をいただいた時点で料金をお答えいたします。
Q14.  よそのわんちゃんの病気やノミ、ダニをもらってしまわないか心配です。
ノミやダニさらには病原性のウイルスやバクテリアのみならず、ストレスを感じるだけでも免疫が下がり病気になることもあります。私共虹のはしスタッフは、飼養環境の衛生問題に長く取り組み、多くの現場を観察、研究し、蓄積されたノウハウから導き出した飼養衛生管理技術に基づき「小動物飼養衛生管理士」の常駐のもとオーナー様の愛犬をお預かりいたしますのでご安心ください。尚、外飼いのわんちゃんの場合、状況を確認の上シャンプーをさせていただく場合もございます。
Q15.  体重50kgのグレート・ピレニーズですが介護してもらえますか?
もちろんお受けできます。オーナー様がわんちゃんの送迎で大変な場合は、当店の送迎サービスもご利用いただけます。老犬介護の場合、いわゆる体格の大小よりもわんちゃんの性格で判断させていただいております。噛み癖や、攻撃性のあるわんちゃんの場合はお断りする場合がございますので、ご了承ください。尚、介護料金はカウンセリング時に別途ご相談させていただきます。

Comments are closed.